揖斐で生まれ、池田が育てた日本画家の作品と生涯。
 
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2012.11.15 Thursday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - | - | - |
    芭蕉と女(1912)
    0

      壬子六月とあるので明治45年(1912年)の作。
      唐美人はよく現れる画題であるが、これが初現か。
      関雪にともなって中国へ赴く以前の作である。
      落款の文字は大正二年の作品に通ずるものがある。
      揖斐川歴史民俗資料館蔵
      【2012.11.15 Thursday 19:09】 author : tsuchikawa
      | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      八匹の虎(1910)
      0

        庚戊春日とあるので明治43年(1910年)の作。
        揖斐川歴史民俗資料館蔵
        【2012.11.15 Thursday 18:49】 author : tsuchikawa
        | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        松琴亭絵手紙
        0

          妹の婚家へ送ったもの。
          腹痛を訴えている。
          昭和7年12月30日の日付があるが、翌年2月に他界している。
          (個人蔵)
          【2011.12.22 Thursday 23:54】 author : tsuchikawa
          | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          「寒山拾得」
          0



            岐阜県美術館に寒山拾得の双幅が収蔵されているが、落款の書体はこれと同様のものである。
            美術館収蔵品は昭和6年作といわれるがこれも同時期であろう。
            賛は天竜寺管長精拙。
            個人蔵
            【2011.11.11 Friday 14:46】 author : tsuchikawa
            | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            「雪見下宮」
            0



              「桜州山人」とあり落款から昭和5年前後の作か。
              揖斐川歴史民俗資料館
              【2011.11.11 Friday 14:40】 author : tsuchikawa
              | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              「薔薇」
              0



                完成期の薔薇に比べると、朱が鮮やかで華やかであるが、神秘性は薄い感がある。
                多様な薔薇を描いた大正中期より後年で大正12年以前の作か。
                個人蔵
                【2011.11.11 Friday 14:31】 author : tsuchikawa
                | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                「薔薇」
                0



                  「大正癸亥八月十有五 桜州逸史寫於蘇川畔」とある。
                  1923年(大正12年)の作である。
                  葉を西洋画風に描いており、新機軸の薔薇の直前に位置づけることができる。
                  (個人蔵)
                  【2011.11.11 Friday 14:20】 author : tsuchikawa
                  | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  「果物」
                  0


                    彼の作品群の中でも特異な画題である。
                    西洋画的な雰囲気が漂う。
                    桜洲逸史とあるが、年代を特定するのが難しい。
                    新しい薔薇を生み出す直前とすると1922年(大正11年)頃か。
                    揖斐川歴史民俗資料館蔵
                    【2011.11.11 Friday 14:07】 author : tsuchikawa
                    | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    「武者」(扁額)
                    0



                      「癸亥 仲秋 桜州逸史寫尾州客次」とある。
                      1912年(大正12年)11月関雪とともに名古屋の八勝館に滞在したが、その時の作品か。
                      揖斐川歴史民俗資料館蔵
                      【2011.11.11 Friday 13:59】 author : tsuchikawa
                      | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      「設色山水双幅」
                      0


                        春の木曽と秋の中山道を描いている。
                        落款から大正中頃の作か。
                        個人蔵
                        【2011.11.11 Friday 13:53】 author : tsuchikawa
                        | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |